ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告
ぽんちゃんといっしょ。 about me
 2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

WELCOME。

PROFILE。

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

事故ってしまった…。

2007年07月11日(水)
タイトルどおり、事故ってしまいました…。
結論から言うと、私もぽんちゃんも元気です。

体調が良かったので、通っている病院主催の
母親学級に参加してきました。
(その話はまた後日。)

13:30に始まり、15:30ちょっと過ぎに終わったので
自分で車を運転して家へ帰っている最中でした。

私は優先道路で直進。
スピードもそんなに出していません。

すると、いきなり視界の左側に車が迫ってきて
「!?」
と思った瞬間にすっごい衝撃。
思わず叫んじゃったかも。覚えていないな。
そのまま反対車線に飛び出して、次に目に迫ってきたのが
前から走ってくる対向車。
ヤバイ、と思って急ブレーキ。
対向車はそのままよけて走り去って行ってくれました。

しばらく呆然とした後、
慌ててどこも打っていないか、痛いところがないか確認。
もちろん、最初に確認したのはお腹。
お腹は絶対に打っていない。それは大丈夫。
シートベルトがきちんと働いてくれたから
ぶつけたりもしていない。
でも、外見はそうでも、中のぽんちゃんがどうなっているかわからない…。
本当に怖いと、人間って震えるんですね。
身体がガクガクしてしまった。

顔を上げると、相手が走ってくるのが見える。
まだ若い男の子…学生さんかな。

ドアを開けると、その男の子が開口一番
「すいませんでした!大丈夫ですか!?」
あ、すいませんって言ったよね。
ほっとしました。
でも、大丈夫です、なんて絶対に言えない。
「…妊娠しているんです。警察呼びましょう」
男の子が凍りつくのが見えたけれど、警察に電話させて
私はその間にまぁちゃんに電話。
まぁちゃんの声を聞いた途端に涙が出てしまった。
今のところは怪我がないことを話して、保険のことを少し話して
いったん電話を切ると、お腹がぽこって動いて。
ぽんちゃん生きているなってわかったから安心。

ごめんね、びっくりしちゃったよね。
病院でちゃんと診てもらおうねって言いながら
お腹をさすっていたら丁度警察が来たので
免許証を提示して、改めて状況確認。
相手は…十字路の一時停止を無視(?)して右折しようと突っ込んできた状況。
明らかに先方の過失です。
そうこうしているうちに、救急車が来ました。
警察の方が、私が妊娠しているとの事で呼んでくれたの。
そして我が家の愛車は…

200707111605000.jpg


左側のバンパーが剥がれてしまって、タイヤはパンク状態。
とてもじゃないけれど動かせないので
(私は救急車に乗るし)レッカー移動を警察にお願いしました。

そして私は救急車初体験。付き添いで乗ったことはあるけれど。
救急隊員の方は、私が妊婦ということもあってか
すごくすごく優しくて、和ませてくれました。
救急車の中では血圧を計ったり、脈拍や体温を計ったり。
なんでも、救急隊員の若い方の奥さんの出産予定日が
私の3日前で、なおさら心配してくれました。

首にはムチウチになっているかも、とコルセットをつけられて
なんともトホホな状態で病院へ。
昨日も来ちゃったよー恥ずかしいよー。
病院の外まで看護婦さんが2人も出迎えてくれて
付き添われて中に入ると、待合室にいた人全員の注目を浴びてしまった…。
もう穴があったら入りたい…。
事前に救急隊員の方から病院には連絡が入っていたので
すぐに呼ばれ、診察を受けることができました。

今日も昨日と同じ、あの優しい先生だったんだけれど…。
一気に気が緩んだのか、今日は柔らかかったお腹が
急に張ってしまって、先生には
「こんなにお腹が張っているのに運転するから
 気になって運転に集中できないんだよ!
 妊婦は運転しちゃ駄目だよ!!」
ってすっごく怒られてしまった…。
なんだかすごく悲しい気分になってしまったんだけれど、
エコーで見たぽんちゃんはすごく元気。
心臓もたくさん動いていてくれている。
胎動は感じていたけれど、本当に安心して思わず泣いてしまった。
看護婦さんが
「昨日も来たのにねぇ…」
と言いながら、優しく拭いてくれました。
でも今日の先生、心配してくれたんだろうけれど
本当に怖くてなんだか事故+αで悲しくなってしまった。

診断の結果は異常なし。
救急隊員の方への書類も異常なしと書かれていたから
本当に大丈夫。

救急車は帰ってしまったので、今日はとりあえず帰っていいのかな?
と、とりあえず実家に電話して父親に迎えに来てもらうことに。
電話で簡単に事情を話して外に出ると、
事故の相手の男の子がいました。
なんでも自宅はこの辺なんだそうで…。
で、今から一緒に警察署へ行かなければいけないとのこと。
その子の車は動きはするんだけれど、変な音がするので
迎えに来てもらった私の父の車で行くことに。

ちょっと話していたら、やっぱりまだ学生さん。
パニック起こしているのがわかっていたので
(まぁ、事故相手が妊婦なんて焦るよね…)
なんだか可哀相になってしまい
「ちょっと落ち着きなよ?ね?」
と声をかけてしまった。

何度もすいませんと言っていたので、
とりあえず落ち着かせて、
父親の車で警察署へ。

なんでも、お父さんの車だそうで、新車だそうで…。
うちの車の中でたぶんお母さんに電話していたんだろうけれど
「今から被疑者の人と警察署に行くから…」
って、私は被疑者じゃないんですけれどーっ!?
その他、
「なんか、俺が悪いってことになっていて…」
とかなんとか。
イヤ、だってあなた、一時停止があったのに突っ込んできたでしょう…。

口ではすいませんと言われたけれど、なんだかなーと思っているうちに警察署へ到着。
事故を担当してくださる方に調書をとってもらって
今のところは私もぽんちゃんも怪我はないので
物損事故として処理。
減点もなし。
警察の方が、男の子に
「一時停止きちんとしなくちゃ駄目だよ」
と言ったら
「したんですよ!その後見づらかったから徐行ででたら当たったんです」
「イヤ、一時停止してもぶつかったら停止したことにならないから…」
「でも!」
…確かに、見づらいところであることはわかる。
私にも前方不注意の過失はある。
それは警察の方にも指摘されたし、納得も反省もしている。
しかしだね?その反論を警察で言ってどうする?
後はもう保険会社との間で、って言っているじゃない。
「…後はまぁ、保険会社を通して話しましょう、ね?」
私がしずーかに言ったら、警察の方が苦笑していましたよ…。
まぁ、変に事故慣れしているたちが悪い方よりは良かったけれど
なんだか疲れる…。

後はお互いの連絡先を聞いたりして、警察署で解散。
本当は送っていってあげても良かったんだけれど
私の父親が帰らせてしまった。
お、怒っていたんだね…。

私もやっぱりなんだか疲れてしまったので
保険会社やレッカー会社へ連絡した後、
とりあえず実家に行くことに。
母親の作ってくれた夕飯を食べていると、
携帯が鳴ったので出てみると、
相手のお父さんからでした。

もう、最初から低姿勢で、たくさん謝られてしまい、
「一度ご挨拶に…」
と言われたんだけれど、それはお気持ちだけで、と
丁寧にお断りしておきました。
来てもらっても困るし…。
お父さんとも、後は保険会社を通してってことで合意。

夕飯を食べた後、母親に送ってもらってやっと帰宅。
一気に疲れが出てしまった…。
へなへな~と座椅子に座り込んでしばらく動けなかった。
それでも、ぽんちゃんはぽこぽこぐにょーんって動いていてくれて
それに本当に慰められました。
ごめんね、ごめんね、怖かったよね。
ママがドキドキしちゃったもんね、ぽんちゃんにも伝わったよね。

保険や修理の手続きは、もう明日。
まぁちゃんが帰ってから。
(とか言っていたら、明け方の5:30に帰って来た…仕事で)

それにしても本当に本当に怖かった。
どんなに自分が悪くなくても、事故っておこるんだな。
免許とって10年以上、無事故無違反だったのに…。
何で妊娠しているというこの状況で…。
もし、あの時対向車がもっとスピードを出していたら
もしかしたら私もぽんちゃんもこの世にいなかったかもしれない。
そう思ったら本当にぞっとした。

運転している妊婦さんにとっては怖いレポートでごめんなさい!
でも、本当に、慎重に慎重を重ねて運転してくださいね。
私は今回のことで「自分一人の身体じゃない」
って事を本当に痛感しました。
警察でも、「妊婦さんにはあんまり運転して欲しくない」
と言われてしまった。
注意力が散漫になることが多いからって言われたけれど。
(あと、後々お腹の子に障害が出たりとか…ね)
そうは言っても、そうすると移動手段がなくなっちゃうんだけれど…。
実際、私も来週の母親学級どうしよう?というカンジ。
うちの方のタクシーは本当に運転が荒くて
できれば使いたくないんだけれど、そうも言っていられないし…。

そんな大騒ぎの一日でした。もうぐったり。
もうぽんちゃんが産まれるまで、私は怖くて運転できないかも。
産まれてからは…後で考えよう…。

 運転する妊婦さん、たくさんたくさん注意してください!
↓お気が向きましたらポチしてください。
スポンサーサイト
【EDIT】   23:47 |  about me  | CM(8) | Top↑

ストレス解消~。

2007年07月06日(金)
誕生日当日は、午前中は掃除をしたり、区役所で
保険関係の切替の手続きなどをして
のんびり過ごしていました。

で、午後は高校時代からの親友やなちゃんと
息子ちゃんで1歳10ヶ月(?)のbaby、
サト君が遊びに来てくれました♪

やなちゃんは昨年末まで、
うちから車で5分の所に住んでいて、
引越し後も車で10分の所に住んでいるという
親友兼ご近所さん兼プレママ仲間なのです。
そう、やなちゃんは私の1ヶ月前に妊娠。
現在6ヶ月の妊婦さんなの。
上の子を見ながらの妊婦…本当に大変そう。
尊敬いたしますわ。

そんなわけで我が家に来ていただくのは久々。
着いたのがベランダから見えたので、
マンションの下までお迎えに行くと
何故かサト君がうちに入るのをイヤがる…。
部屋の前まで来ても、イヤイヤして帰ろうとするし。
な、なんかうちにいるのかなぁ…。
なにかがサト君には見えてしまったのだろうか…。

無理矢理抱きかかえて部屋に連れてきたら
最初は強張っていた表情も、だんだん溶けてきてくれて
やなちゃんが持ってきてくれたプリンを食べる頃は
ニコニコになっていました。
もう、かーわーいーぃー♪

お誕生日だから、と、やなちゃんが買ってきてくれたケーキ。
私はカシスのケーキをいただきました。
すっごく美味しかったです♪
ありがとう~♪

やなちゃんとは通っている産院も一緒なので
そこの先生の話をしたり、妊婦話したり…。
その間、サト君はお菓子食べたり、一人でかくれんぼや
追いかけっこをしていて(なにと…?)
本当に可愛くてたまらなかった。
もう、私はサト君に対しては、親戚のおばちゃんの気分。

あと、以前やなちゃんに送った引越し祝いの
お返しとして、内祝いに
ガーゼ地のタオルや、布団カバーや肌がけになりそうな
大きいタオル(?)もいただいてしまった。
ぽんちゃんが産まれたらすごく役に立ちそう!
ぽんちゃってば幸せ者!!

久々に友達と会えて、とっても気分転換できました。
基本的にまぁちゃん以外と会話していないからな…。
早く安静解除となって、いろんな人に会いに行きたいー。

そして、誕生日当日の夕飯はまぁちゃんの帰りが遅かったので
一人で鮭を焼いて食べました…。
さらに、朝、仕事行く時も帰ってからも
まぁちゃんからはなんの言葉もなかったので
「なんか言うことないー?」
と言ってみたら、最初全然わかってくれず…催促してやっと
「三十路おめでとう」
と言ってもらえました。
(微妙に嬉しくないのは何故?)
ま、こんなもんだよねー…。泣。


 楽しい三十路ライフを送りたいです~。
↓お気が向きましたらポチしてください。
【EDIT】   23:42 |  about me  | CM(0) | Top↑

三十路前夜祭。

2007年07月05日(木)
7月6日は私の誕生日。
これにより、三十路にとうとう足を突っ込みます。

20代は、私なりに本当にいろいろなことがあって
たくさん泣いたし、後悔もしたし、
後ろ向きになったり、きちんと顔を上げて生きていけなかった時もありましたが
まぁちゃんという旦那さんにも会えて、
最後の最後でぽんちゃんが来てくれる、と最高にハッピーな締めくくりでした!
ありがとう、まぁちゃん&ぽんちゃん。

そんなわけで、今日は三十路前夜祭として
近所の焼き鳥屋さんにまぁちゃんと行ってきました。

yakitori.jpg


ささみのお刺身がもう最高なんです♪
ノンアルコールだったけれど、たくさん美味しいものが食べられて
もう大満足でした!
ってか、よくビール頼むの我慢した!偉い!私!!

きっと来年の誕生日は、ぽんちゃんのお世話で
祝うどころじゃないんだろうなぁ…。
それはそれできっと幸せなんだよね。

10年間よろしく、三十路さん。
明るく楽しく過ごしていけるといいな♪


↓お気が向きましたらポチしてください♪

【EDIT】   23:08 |  about me  | CM(8) | Top↑

脳内メーカー。

2007年07月04日(水)
今、話題の脳内メーカーをやってみました。


…本名でやった結果、なんだか凄い結果が出てしまったので
思わず貼っておきます。

nounai.jpg



あぁあああ、幸せなんだなぁ、私…。
(ちょっとアホっぽい気がしなくもない)


 皆さんもおヒマでしたらゼヒやってみてください。
↓お気が向きましたらポチしてみてください。
【EDIT】   18:32 |  about me  | CM(4) | Top↑

淋しいなと思ったこと二点。

2007年06月05日(火)
今日はまぁちゃんの誕生日当日…ということで
某ファミレスに行って来ました。
と言っても、私は相変わらずサンドイッチしか食べられないけれど
それでも外食できて気分転換♪
なんだか満足できました。
(私が満足してどうするんだ…)

少しずつですが、つわりも一時期に比べると落ち着いてきました。
昨日の夜はゲーしちゃったけれど、前よりは食べられるようになりました。
一時期、一瞬39Kgを切った体重も、なんとか40Kg台に。
このまま恐怖の食事制限期間に入っちゃうのかしら。

そしてお腹が少し、大きくなったような…?
他のところはかなり痩せたのですが、お腹だけが妙にぽっこりしています。
はじめは、妊娠前に蓄えていた皮下脂肪…?
と思っていたのですが、今日、これって大きくなっているんじゃ?
と気がつきました。笑
でも、お臍周辺がぽっこりしているんだよなー。
もっと下のほうがぽっこりするんじゃないのかな?
じゃあ、やっぱりこれはただの肉?肉なのか?
土曜日の検診で聞いてこようかな、肉だったら恥ずかしいな…。

そんなわけで体調もわりとまともになってきて
なかなか楽しい日々を送っているのですが、
昨日の夜、妙なことで少し哀しくなってしまいました。
あぁ、気がついたらあと半年くらいで出産しちゃうんだな…と思った時、
本当にぽんちゃんと「繋がっている」期間が
あと半年しかないことに気がついて、なんだか淋しくなってしまったのです。
だって、こんなこと、ぽんちゃんが大きくなったって成長したって
もう一生来ないんだもん…。
私の中で大きくなることなんて、あと半年しかないんだと思ったら
身体のすごいところで繋がっているこの状態がとても愛しくなってしまいました。
ううぅ…、一日一日を大切にしなければ…。
つわりで泣いてる場合じゃないって。

あ、勿論、お外の世界でぽんちゃんに会えることもとても楽しみなんですけれどね。

そして哀しくなってしまったこと二つめが、
明日から私の後任さんが出勤してくださることに…。
正直、このつわりの状態で接客していることはかなりつらく、
毎日会社に行くのがとんでもなくしんどいのですが
それでも後任さんが来るとなると、自分が退職することを実感してしまって。
でも、今月いっぱいで退職するのを決めたのは私なので仕方ないです。
けっこう周りから「まだ退職するの早い」だの「もっと働ける」だの言われたりしたのですが
働くのは私だし、今でさえ、電車乗るたびに貧血起こしそうになって
ゼーゼーしている私に真夏+妊婦状態で電車に乗るのは怖くて仕方ないんだよー。
そりゃ、経済的なこと考えたら私だって働いていたいよー。笑
ぽんちゃんを守れるのは私だけなので決めた退職ですが、
好きで辞めるわけではなく、どちらかと言うと必要にかられた退職なので
やっぱり退職を実感するこの出来事はちょっと淋しかったです。
あぁ、明日から引継ぎだー。
頑張ろうっと。
それにしても、臨月間近まで働いている方って心から尊敬いたします…。

そんな感じの12w6d、明日から13wだ!
不安定妊婦の気持ちは上を向いたり下を向いたりです…。
振り回されるまぁちゃんは大変!笑


ポチポチしてくださった方、ありがとうございます♪
↓気が向きましたらお願いいたします♪

【EDIT】   21:49 |  about me  | CM(2) | Top↑
 | HOME |  NEXT

MAIL。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。