ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告
ぽんちゃんといっしょ。 2007年04月
 2007年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月 

WELCOME。

PROFILE。

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

自由人の子だから。

2007年04月30日(月)
さて、病院で心拍が確認できてほっとしたのか
しっかりと次の日からつわりが戻ってきました。

そうは言っても、前のように吐き気が絶えないというほどではなく
食事し終わった後に戻しそうになる(実際に戻す)
「吐きづわり」になったわけです。

「あー、ぽんちゃん、なんて気まぐれなんだ…」

布団の中で呻いている私に、まぁちゃんが言い放った言葉。


「自由人の僕の子供だから仕方ない」


「…Σ(´□`;)」


そう、昔、わりと気ままな生活(ってどんなだ;;;)を送るまぁちゃんに
「まぁちゃんって自由人だよねっ!!」
と皮肉を言ったら
「褒められたー!!!」
と叫んだ、という会話があったのですよ。
(褒めてねーよっ!!!)


「いやーっ!そこが似るのだけはヤダー!」
「なんでー?いいじゃん自由人ー」

「ぜ っ た い に イ ヤ ! ! ! ! 」


なにはともあれ、つわりの強弱でぽんちゃんの元気度を測ることをしなくなった今は
ちょっとのつわりだったらへっちゃらさ♪という気分なのでした。

(それでも美味しく食べたものを吐くのはつらいんだけれどねー…)

スポンサーサイト
【EDIT】   16:09 |  maachan  | CM(0) | Top↑

思い出したこと。

2007年04月29日(日)
ママのおなかをえらんできたよ。 ママのおなかをえらんできたよ。
池川 明 (2004/11/30)
リヨン社
この商品の詳細を見る




雲の上でママをみていたときのこと。 雲の上でママをみていたときのこと。
池川 明、高橋 和枝 他 (2006/11)
リヨン社
この商品の詳細を見る



この前、本屋さんに行ったときに何気なく手に取り
数ページ読んだだけですぐレジに向かった二冊。

これは「胎内記憶」と、その前の記憶の本です。

3歳くらいまでの子供は、母親の胎内にいた時の記憶があるというのを
以前、親戚に聞いて知っていました。
実際この間、3歳になる姪っ子に
「ママのお腹でなにをしていたの?」
と聞いたら、
「丸くてーお湯の中でー、ぐーぐーって寝ていたの」
って答えが返ってきてびっくりしたのです。
それは明らかに、母親の羊水の中で寝ている記憶…。

でも、それ以前、ママのお腹に入る前の記憶を持っている子も
いるらしいのです。知らなかった…。
それは、ほとんどが共通したイメージで
「雲の上」で「子供だらけの世界(たまに大人もいる)」で、
子供達は、自分の意志でどのママのお腹に入るのを
選んでくるというのです。
その理由は「優しそうなママだったから」とか「淋しそうだったから」とか様々なんですけれどね。

その中ですごく惹きつけられたのが
「ママが忙しそうだったからママの中に入りたかったけれど
 なかなか入れなかった」
という子がいたとのこと。
実際、そのママは妊娠するまではとても仕事が忙しい状態だったらしいのです。

そこで思い出したのが、3月のこと。
生々しい話になりますが、そりゃー、ぽんちゃんができたのは
まぁ、いたすことをいたしたから、になります。

わりと生理周期が安定していた私は、
いわゆる「危険日」を意識的に避けていました。
仕事のことも、本来受けなければいけなかった検査のこともあるしね。

その日は、なんとなくできやすい日だな…とわかっていたのですが
なんだかどうでも良くなって、避妊をしませんでした。
いままでもたまにそういう日はあったのですが
後になって「やっぱりまだ、今できたら困るなぁ…」
などと思っていたのです。

でも、その日だけは、なぜだか「おいで」と思いました。
「おいで、ママの中に来てもいいよ、おいで」
って強く思いました。

そうしたら、本当にぽんちゃんが来てくれたのです。
そしてこの本を読んで、
「ぽんちゃんはもしかしたら、
 ずっとずっと待っていてくれたんじゃないかな」

と思ったのです。

(実際、その日と予想上の排卵日は3日ほど間があります。
 まぁちゃんのおたまじゃくしさんが
…ぽんちゃんが頑張ってくれたのかな、と思います。汗)

空想みたいなファンタジーの話ですが、
いつかぽんちゃんが話せるようになったら
私のお腹にいた時のこと、
そして、私のお腹に入る前のことを聞いてみたいです。



あと、これは妊娠したけれど哀しい思いをした方…に
読んでいただきたいのですが。
(とてもデリケートなことなので追記にします)
【EDIT】   15:02 |  life  | CM(0) | Top↑

ぽんちゃん、生きているよね?

2007年04月28日(土)
28日の土曜、定期検診の日。

7時になった瞬間にまぁちゃんに布団をガバーと持ち上げられる。

「朝だよー!起きてー!!!」

なんでこんなに無駄にテンション高いのよ、と思いつつ
目を覚ましてガッカリする。

毎朝毎朝、寝起きに感じていた吐き気、
口の中のねばねば、酸っぱさ、胸の張り。
妊娠の兆候といわれるものが何一つない…。

絶望的な気分で、検診に行くのが本当に怖くなって
布団の中でぐずぐずしていた。

「怖くて検診行けない…」
ってメソメソしている私に
「行ってみなくちゃわからないから、頑張ろう?」
まぁちゃんが優しく宥めてくれて、
なんとか起きて身支度した。

病院に入って受付を済ますと、もう待合室はかなりの妊婦さんで溢れていて
その時の私はお腹の大きな人を見るのがなんとなくつらかった。
まぁちゃんが持ってきた雑誌に目を通したり
テレビをボーっと見ながら1時間ほど待った時
名前が呼ばれた。

心臓がきゅーっとして、ドキドキが止まらなくなった。

怖くて怖くて仕方なかった私と一緒に
まぁちゃんも診察を受けてくれると言ったので
一緒に診察室の前の長イスで待っていた。
まぁちゃんが旦那さんで良かった、って心から思った。

「K原さーん、第三診察室へどうぞー」

ついに名前を呼ばれて、イスを立つ。
看護士さんへ
「あの、主人も一緒に診察受けていいですか?」
と聞くと、看護士さんは何故か慌てて
「あ、まだダメなのよ、旦那さんは…」

うぅぅ…一人で乗り切らなくちゃいけないのか…。

きっと、死にそうな顔をしていた。
真っ青な顔をしていたと思う。

まぁちゃんは「大丈夫だよ」って言ってくれたけれど
もう不安で不安で卒倒しそうだった。

診察室に入ると、今度の先生は男性だったので
多少面食らう私。

そして、先生が
「7週目ですね、どうですか?変わったこととかないですか?」
と優しく問いかけてくれた瞬間、
「つ、つわりがなくなっちゃったんです…」
と号泣してしまった。

「先週は夜中に起きて吐いちゃうくらいだったのに
 全然気持ち悪くならないし、胸の張りもなにも…お腹も痛くて…」


いきなり泣き出した私に先生も看護士さんもフリーズ。

「基礎体温はつけている?」
「…つけていません…」
「駄目だよー、そういう時はすぐにつけなくちゃ」
「…はいっ…(号泣)」

「ま、まぁ、診てみなくちゃわからないからさ、診察しよう」
「…はい…」
「だーいじょうぶだよっ!!!」

泣きながら診察台にあがって、まず触診。

「うーん?妊娠は継続している状態だけれどねー?
 じゃあ、エコーで診てみるよー」


怖くてエコーの画面が見れない。
しばらくは何も映らない画面。
もう、涙が止まらなくなっているどうしようもない私。

「…ほら、見える?ここ、ここにちゃんといるよ」

画面の中、黒いいびつな円形の影の中に
丸い白いものと長細い白いもの。

その長細いものの中心が、チカチカすごい速さで動いている。

「これがね、赤ちゃんの心臓だよ、見えるよね?
 それでこの丸いのが卵黄嚢(らんおうのう)っていう赤ちゃんの栄養」

その後も先生はいろいろと言っていたんだけれど
私にはもう、何も聞こえませんでした。

ぽんちゃん、生きているよ、生きていたよ…。

ほっとして嬉しくて申し訳なくて再び涙涙。

「なーに泣いているのっ!ちゃんと生きているじゃない、
 良かったねー、ほら順調だよ」

「…はい、はい…」
「もう泣かないの」
私の肩じゃなくて、足をパシパシ叩く先生。

看護士さんが
「これ、ビデオに撮る?ご主人にも見せたかったんだよね?」
「あ、でもうち、ビデオがなくて…」
「大丈夫よ?こっちでテープ販売するから」
「…じゃなくてですね、デッキがないんです…」

大笑いする先生と看護士さん。
「でも、ご実家とかにはあるでしょう?」
「あ、あります、…撮ってください」

その後も丁寧にエコーを診ながら診察してくれました。
「もう一人いないかなー?よく隠れているんだよねー」
「えぇっ!?」
「ざーんねん、一人だったねー」
「…はぁ」
ごめん、ちょっとほっとしました。笑

エコー検査が終わり、また椅子に向き合って話して
「他に何か気になることある?」
「えーっとですね、便秘が酷くて…」
「食べられちゃうのに出ないんだ(笑)」
「や、食べられるようになったのはここ2日くらいで…」
「じゃあ、まだ実になるものがないだけなんだよ、きっと」
実って…先生、面白いんですけれど…。
便秘に関してはしならく様子を見ることになりました。
そしてお腹の痛みは、やっぱり子宮が大きくなっている痛みとのこと。

最後にぽんちゃんのエコー写真をもらって
本日の検診は終了。
次は2週間後。

「基礎体温は…すごく順調だからつけなくていっか」
最後の先生の言葉がすごくすごく嬉しくて、何度もお礼を言いました。


待合室に戻り、まぁちゃんの横に座って
「ぽんちゃん、生きていたよ…」
と言った後に、またひたすら号泣。
周りの人はどう思っていたんでしょうねー。恥。


今回は本当に大騒ぎの検診になりました。
そしてとてもとても反省しました。
ぽんちゃんの生きる力を信じてあげられなかったこと。
一番信じてあげなくちゃいけなかったのは自分なのに。
勝手に諦めてちゃって、本当に本当にごめんね、ぽんちゃん。
そして何時でも、大丈夫と構えてくれていたまぁちゃんに
心から感謝しました。ありがとう。


ぽんちゃんは9ミリ。
まだまだ小さい命です。
でも、ちゃんと生きていました。
トクトクと、小さな心臓を一生懸命動かしていました。
生命ってすごいです。

心拍確認後の妊娠継続率は、あるサイトによれば95%
まだまだ安定期には程遠いけれど
それを信じて、ぽんちゃんの生きる力を信じて
頑張っていきます。

【EDIT】   11:53 |  ponchan 1-2ヶ月  | CM(0) | Top↑

つわりが消えた…。

2007年04月26日(木)

22日から始まる週は、日を追う毎に
どんどんつわりが楽になっていきました。

はじめは「今日は楽だったな~」と素直に喜んでいたのですが
だんだん不安になってきていました。

なんせ私のつわりの乗り切りは

つわりがあるのは赤ちゃんが元気な証拠

この一言をひたすら励みにしていたわけですから。


どんどんなくなっていくつわりに、私の不安もどんどん大きくなります。
なんせ、一番流産しやすい時期。
心拍すら確認できていないのです。

そして、下腹部の痛みもまだまだあるのです…。

ネットで検索しても(←これがいけない…)ばっちりと
「腹痛があって、つわりがなくなったと思ったら流産していた」
なんて記事があるわけですよ。

(※これはあくまでこの方の場合で、中にはつわりが継続していても
  流産していたり、逆につわりがなくなっても妊娠が継続していたり
  人によってだいぶ違います。)

もう駄目だ、ぽんちゃん、きっと死んじゃったんだ…。
ごめんね、育ててあげられなくて。
ごめんね、本当にごめんね。

定期検診日の前日、金曜の夜は
悪いことばかり考えてしまって、
涙がボロボロ出てきてしまって全然眠れませんでした。

ママ、ぽんちゃんに会いたかったなぁ、
一緒にあと8ヶ月、頑張りたかったよ…。

泣きながらきっと、3時頃眠りにつきました。
途中、何度が泣いている私を慰めにまぁちゃんも起きましたが
30秒後くらい宥めたらすぐ眠っていた…。
し、仕方ないよね、仕事で疲れているんだしね…。

【EDIT】   19:28 |  ponchan 1-2ヶ月  | CM(0) | Top↑

つわりが…あれ???

2007年04月22日(日)
そんなこんなな一週間を過ごして4月22日。
この日曜日はひたすら寝ていました。

寝ている中にも気がついたことがあって、
つわりがちょっと楽になってきたかな…?と思ったのです。

でもまだ6週目だし、つわりのピークはまだまだこれからだし
一時的なものだろうな、と思いました。

弱まったとはいえ、吐き気は断続的にあるしね。泣

それでも、今日は楽だったな~と
寝る前にほっと一息つくことができました。

で、ここからまた、涙の一週間が始まるのですよ、これが。

【EDIT】   19:23 |  ponchan 1-2ヶ月  | CM(0) | Top↑

つわりがきた。

2007年04月21日(土)
14日の土曜に初診を受けてから本格的なつわり。

とにかく気持ち悪い。
すぐ疲れて横になってしまう。

何より気持ち悪かったのがお風呂の匂い。
必死に飴をなめながらシャワーだけのお風呂をすませました。

日曜は寝たきりで、
平日はなんとか起きて会社へ。
でも、とにかく朝がつらい。
しかもその1週間は4月なのにすごくすごく寒くて、
出張もあったりしてとにかく悲惨。

夜中に気持ち悪さで目が覚めて
そのまま吐いたりしてしまったりもした。

周りはもうつわりがあるの!?とびっくりしていたけれど
『つわりがあるのは赤ちゃんが元気な証拠』
と励ましてくれた。

私も、そうだよね、ぽんちゃんが頑張っているんだから
つわりがあるんだよね。
ママも頑張るよ、お腹ちょっとなら痛くしてもいいよ、って
耐えていた。

『つわりがあるのは赤ちゃんが元気な証拠』
この言葉が、その後の私をすごくすごく苦しめた。

でもその時は、とにかく吐き気と闘うことで精一杯。
会社では登録に来たおじさんの匂いにやられて
会社のトイレで吐いてしまった。
ごめんよ、おじさん、あなたは悪くないよ…。泣

やっぱりつわりがあってもそう簡単には休めない。
下腹部の痛みもたまに襲ってきて、家では何もできなかった。
会社から帰るとただ寝るだけ。
まぁちゃんのごはんはお弁当。
私はバナナとか食べて生きていた。
1週間で1キロ痩せて、この先やってくる「つわりのピーク」を
どう乗り切ればいいのか不安だった。

でも、つわりがあるのはぽんちゃんが元気な証拠。

そう思って、休日はひたすら寝ていた。
一日に5回以上吐くと妊娠悪阻という病名がついて
下手したら入院になってしまう。
まだ一日に3回しか吐いていないから大丈夫。

なにより、ぽんちゃんが元気だから頑張れる。

【EDIT】   18:47 |  ponchan 1-2ヶ月  | CM(4) | Top↑

胎嚢(たいのう)確認。

2007年04月14日(土)
さて、土曜の朝ですが早起きして
初めての検診とやらに出陣です♪

事前にやなちゃんから、診察が始まる9時前には
行ったほうが良いよと言われていたので
早めに家を出ました。

出産までお世話になろうと決めた産婦人科は
ここらへんではけっこう有名で、人気のあるところで
車で10分程度だし、義姉もやなちゃんもここで出産経験しているので
まったくしらない病院よりも馴染みがあったのです。

確かに、9時前なのに中は妊婦さんであふれていました。
初診だということを告げて
待合室の椅子に座っていると名前を呼ばれて
尿検査と血圧の測定、体重の測定を受けました。

そしてまたしばらく待ち、今度は看護士さんとの問診。
最終月経日から出してもらった今の状態は
5週と3日め。つまり5w3d。
気になる事を聞かれたので
下腹部痛があることと若干つわりがあること、
あと、3月の終わりに飲んでしまった鎮痛剤のことを伝えておきました。

その後さらに待合室で持参した本を読んだりして過ごし
いよいよ診察。
何度か婦人科検診を受けたり、ピルを処方してもらった際に
診察してもらったりして初めてではないんだけれど
やっぱり少し緊張します…。

若い、女性の先生でまずは一安心。

まず、下腹部の痛みは子宮が広がっている痛みだろうから
気にしなくていいとのこと。
一気に安心する。
そしてつわりは…どうしようもないよね。笑
そりゃそーだ。
鎮痛剤は、多分着床前後なので、もしその薬の影響が出ているとしたら
今回の妊娠は成立していなかっただろうから
これも気にしないように、とのことでした。
ネットで一応調べていたから大丈夫とは思っていたけれど
それでも【医師】から言われるとほっとしました。

診察台に上がり、触診をしてもらうと、まず腫れとかはない。
そしていよいよエコーです。
そのエコーに、赤ちゃんが入っている袋が…胎嚢が…。
もう、それだけで思わず涙が零れてしまいました。
すんごい感動。
この中に、ぽんちゃんがいるんだぁ…って。

卵巣の腫れもないし、順調だよ!
って先生が太鼓判を押してくれてとても嬉しくて。
心拍の確認はできなかったけれど、
もともとそれは期待していなかったので全然気になりませんでした。

ウキウキして待合室に戻り、
もらった胎嚢のエコー写真を眺めつつ
仕事中のまぁちゃんにメールで報告。
すると、簡抜いれずまぁちゃんから着信。おぉっと。

ただ一言、
「本当におめでとう」
って。

それだけでまた泣いてしまった私。
あー、ママなのに泣き虫だなぁ…。

なにがあっても、ぽんちゃんはママが守るからね、
あらためてぽんちゃんに誓いました。
絶対、絶対に大事にするからね。
ママと一緒に頑張ろうね。

…そうして家に帰ると同時に布団へばたんきゅー。
やっぱり仕事もしていたし、疲れもあって、
何よりつわりが本格的につらくなってきたのです…。

とりあえず、初めての診察は喜びいっぱいのものになりました。

【EDIT】   16:04 |  ponchan 1-2ヶ月  | CM(0) | Top↑

会社への報告。

2007年04月13日(金)
私がしている仕事は接客7割、事務3割というカンジの仕事。
ぶっちゃけいうと、某派遣会社の登録担当という
派遣登録に来た方を面談する仕事です。

会社へいつ言うかはとても悩んだんだけれど
安定期前にあるつわりのピークや、接客ということもあって
早めに知らせたほうが、急な休みとかも配慮してもらえるかなと
思ったわけです。
ちょうど、木曜の夜に、つわりかな?という
胸のムカムカが出始めていたり、
チクチクと下腹部の痛みがあったりしたので。

でも、言うのはまだごく少数にしました。
支店長と、一緒に同じ仕事をしているみっちゃん。

13日、金曜の朝一で、支店長に
「朝礼の後、ご相談があるんですが時間ください」
と伝えておきました。

朝礼が終わり、会議室へ呼ばれたので支店長の対面に腰かけて
促されるまま、一言、言いました。
「すいません…妊娠してしまいました」
言った瞬間、のけぞる支店長。
そして申し訳なさでボロボロ涙をこぼしてしまった私。

と、言うのはですね。
うちの支店、慢性的に人手不足でして。
ただでさえ、4月中に体調不良で一人退職、
そして5月に7月出産予定の子が退職予定だったわけです。
そりゃ、支店長ものけぞるよね…。笑

何度もすいませんと言う私に支店長は苦笑して
「おっけーです、大丈夫だよ」
と5回も言っていました。(自分に言い聞かせていたと思われる)

そして今後のことを少し話して、今のタイミングで
みっちゃんにも言ってしまおうという流れになり、
その場にみっちゃんを呼び、私の口から妊娠のことを告げて
「えぇっ…」
やっぱり絶句。笑

そして、今私と二人でやっている登録は
病欠から復帰した子が入ることになり、
みっちゃんは別の仕事に就くという支店長の方針を
そこで初めて知りました。

あぁー、みっちゃんとほぼ1年やってきた登録コンビ、解消か…。
淋しくなったりしてみたり。

これから、つわりとかで休んじゃって
新しい仕事に就くみっちゃんに余計な迷惑かけちゃうなぁ、と
やっぱり申し訳なくなってしまいました。

でも、みっちゃんはニコニコしてくれていたから
嬉しかった。
本当に本当に嬉しかった。
そして、会社に人に言ったことで気分がすーっと軽くなりました。

でもやっぱり、会社に言うタイミングって難しいなぁ。
そして私は何時まで働くことができるのか
今も悩み中なのです。
【EDIT】   15:49 |  works  | CM(2) | Top↑

おめでとうって。

2007年04月11日(水)
次に考えたのは、誰に最初に言おうかなということ。

妊娠検査薬で陽性反応は出たけれど
まだ安定期には程遠いし、
普通妊娠かも確定できていない。

まぁちゃんと話して、4日後に産婦人科に行くまでは
誰にも言わないほうが良いかな、といったんは結論出したんだけれど
おしゃべりな私はうずうずしてしょうがありません…。ダメジャン。

ってなわけで、産婦人科の駐車場を聞きたいこともあって
まず、大親友のやなちゃんにメールで報告。
実はやなちゃんのお腹にも、2ヶ月の赤ちゃんがいる時期で…。
それもあってすごく嬉しかったんだよね。
ほぼ1ヶ月違いでママになれるんだなーって。
(ちなみにやなちゃんは第2子だけれど)

仕事中にちまちまメールして、送信。
すると、すんごい速さでメールがきてびびった。笑

たくさん、おめでとうって言ってもらえて
仕事中に泣きそうになる。
幸せを実感しました。
こちらこそ、ありがとう。

仕事を終えると今度は実家から電話。
このタイミングだったらいうしかないでしょ、と思って
「あのね、赤ちゃんができたよ」
と言うと、電話先で
「えっ…」
と絶句している母親。何故だ。笑

それでも、やっぱりおめでとうと言ってもらえて
くすぐったい気分になりました。

ぽんちゃんは、皆に祝福されて産まれてきてくれるんだなーと
改めてニヤニヤする私でした。
【EDIT】   15:34 |  ponchan 1-2ヶ月  | CM(0) | Top↑

ぽんちゃん。

2007年04月11日(水)
大騒ぎの10日をくぐり抜けて、翌11日。
朝起きてすぐ、あぁ、私はママなんだなぁ…と
再度笑いがこぼれました。

会社へ行く道すがら、
このお腹の子の名前をどうしようかな、と考えました。

赤ちゃんと呼ぶのはなんだかよそよそしい気がしたのですよ。

お腹の中の子…
お腹の子…
ぽんぽんの子…
ぽんこ…イヤイヤ
…ぽんちゃんっ!!!!

可愛いし呼びやすいしいいよぽんちゃん!!!

こうして今、私の中にいる小さい人は
この日からしつこくしつこく私にぽんちゃんと連呼されているのです。

【EDIT】   15:26 |  ponchan 1-2ヶ月  | CM(0) | Top↑

妊娠検査薬。

2007年04月10日(火)
思えば、一年前の今頃の私の体調は
本当に最悪だった。
仕事のストレスから胃腸炎を繰り返して、インフルエンザにもかかり
有休はすべて病欠で消化してしまった。

胃カメラも飲んだし腸の内視鏡検査もやった。
胃カメラは無事にクリア。
でも腸は…小さいポリープがあって、一応その経過を診ていこうと言われた。
ポリープ自体は検査の時に切ってしまったんだけれど
その時の私の身体は
「健康な人を1、ガンの人を5とすると4に近い3の状態」
と言われた。

さすがにへこんで、さらに1年後に再検査と言われて
もっとへこんだ。
あー、1年間は赤ちゃん作れないなぁ…と思った。

やっと1年経って、その間も軽い胃炎はあったけれど
腸が悪くなることはなくて、もう大丈夫って思った。
でも、言われたから念のため…。
仕事帰りに病院に行って、検査の予約をした。

検査の説明書を読みながら帰っているとき、
ふと、そういえば…生理ちょっと遅いかもと思った。

でも、生理前の兆候はあって、胸が張っているとか、
子宮がちょっと痛んだりとか、
…少し考えて、薬局で妊娠検査薬を買った。
生理予定日その日から使えるやつ。

家に帰って、本当に本当に軽い気持ちで検査してみた。
判定まで1分間。
その間、検査薬は裏返しにして、トイレに座って
ぼーっとしていた。
1分経ったかな、と思って裏返した検査薬をひょいと見てみたら…。


検査薬





頭の中が真っ白になった。

え?

これ、なになに?

これ、陽性ってことだよね、ってことは…



妊娠しちゃったんだ…。



しばらく呆然とした後、すんごい量の涙が出てきた。
身体中から嬉しさが溢れて止まらなかった。

私、ママなんだ、もうママになっているんだ。

手とかがガクガク震えちゃって、どうしていいかわからなくて
わんわん泣いてしまった。
いままで生きてきて、きっと一番嬉しい時間だった。

とりあえず…これを記念に撮らなければ!!!
と慌てて検査薬を写真に撮る余裕はあったけれど。笑

そうだ、旦那のまぁちゃんに言わなくちゃ…
でも、まだ仕事中だよね、仕事中に言われても困るよね。

どうしようと思いつつ、とりあえず電話。

「はーい、もしもし?」
「あ、まぁちゃん、まだ仕事中?」
「ううん、帰り途中だよー」

そこで自分の手がすごく震えていることに気がついた。←へたれ。
これじゃ、ご飯作れないな…。

「あのさ、今日、お外に食べに行きたいんだけれどいい?」
「うん、いいよー」

電話を切ってからも、検査薬を見つめてニヤニヤしていた。
笑いが止まらなかった。
腸検査は…仕方ない、諦めましょう。
大丈夫、きっと私の身体は大丈夫。

1年子作り我慢していたのはなんだったの?と思ったけれど
出来ちゃったものは仕方ないもんねぇ。笑


そうこうしていると、まぁちゃん帰宅。
「お腹すいたー、食べに行こう」
と、すぐに家を出ようとするので
「ちょ、ちょっと待って」
慌てて引き止めて
「…まぁちゃん、私ね、ママになったんだよ」
「…」
あ、冗談だと思っているな。笑
「本当だよ、本当なんだよ」
検査薬と説明書を見せると、ぎゅっと抱きしめてくれて
「おめでとう」
って言ってくれた。

すごく幸せだった。
ありがとうね、って何回も思った。

私のお腹にやってきてくれた赤ちゃん、ありがとう。
私をママにしてくれたまぁちゃん、ありがとう。

2007年4月10日。
私が初めて、自分をママなんだと思った日。
とても大切な日。


【EDIT】   23:35 |  ponchan 1-2ヶ月  | CM(0) | Top↑

はじめに。

2007年04月01日(日)
4月10日。

私の中に旦那さん(まぁちゃん)との子供がいることが
判明しました。

嬉しくて嬉しくてたまりません。

このまま無事に育ってくれることを祈って
日々の経過を日記にしていくことにしました。

お腹にいる子は、お腹→ぽんぽん→ぽんちゃんと名前をつけて
5週目の今からとてもとても可愛く思っています。

つわりなどの厳しいことも含めて
できればぽんちゃんが産まれてきてくれるまで
この日記で日々のことを書き続けていきたいと思います。

【EDIT】   19:05 |  未分類  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 

MAIL。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。