ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告
ぽんちゃんといっしょ。 お引っ越し(入院生活4)。
 2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

WELCOME。

PROFILE。

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

お引っ越し(入院生活4)。

2007年10月30日(火)
昨日から病室を移動して、通称「切迫部屋」と呼ばれている三人部屋に入っています。
それまでは二人部屋にいたのですが、同室の方が退院されて個室状態でした。
テレビの音とかは気を遣わなくて良かったぶん、
やっぱり一人だといらないことまで考えちゃって
暗くなったり、眠れなかったりしていたのですが
今、同室の人は状況も週数も同じくらいなのですごく気楽!
いろいろ話して、だいぶ気が紛れました。

さて、点滴抜いたその後…。
やっぱり日曜の夕方に強く張ってしまって、
看護婦さんに薬を飲んでいいか聞いたところ、
念のためとモニターをつけられてしまい…。
最後の方に、3分に1回という張りが出てしまいました。
うわーぉ、陣痛レベルじゃん。

そんなわけで、あっさり24時間点滴に逆戻り。
二日と半日の短い自由でした…。
月曜か火曜には退院できると勝手に思っていた私には大ショックで、お見舞いに来てくれたまぁちゃんの前で声を出して大泣きしてしまった(個室状態で良かった…)。

看護婦さん達にも残念そうに
「戻っちゃったねぇ…」
と言われ、力なく笑う私。
でも、昨日、月曜の夕飯前に、点滴液を替えにきた看護婦さんが
「これ、ブドウ糖だけで張り止め入っていないからねー」
ってなことで、またもや錠剤に。
ただし、また点滴にすぐに戻せるように、針は差しっぱなしです。
その後の院長診察でも、頸管は45ミリもあるし、子宮口もきちんと閉じているのでこのまま、また数日内服で様子を見ましょうと言われました。

さすがに点滴をしている時ほどのお腹の柔らかさは保てていないんだけれど、
今のところはそんなに張りを感じないかな。
まぁ、もし点滴に戻っても、院長的には35週になったら点滴はストップさせたいらしいので、長くてあと一週間の辛抱。
そう考えたら、だいぶ気楽になりました。
もう11月かぁ。波乱万丈な妊娠生活もあとちょっと!
少しでも楽しもうっと♪


 昨日の診察で、ぽんちゃん2200グラムになっていました♪
 順調、順調♪
↓お気が向きましたらポチしてください♪
スポンサーサイト
【EDIT】   09:51 |  ponchan 9ヶ月  | CM(2) | Top↑

コメント

●入院延長になってしまったんですねぇ
24時間の点滴はきついですよねぇ。私も昨日34週検診に行ってきたんですが、先生は張りは良くなっているから、このまま安静を続けてればいいと言うんだけど、よく質問してみると、頚管は25ミリになってるらしいし、子宮口も柔らかくなってきてるって。
それで自宅安静でいいのかしらと思ってしまいましたが…。
Rimi |  2007.10.30(火) 16:36 | URL |  【編集】
★rimiさん
朝はこんなことを書いていたのに、昼食後に退院になりました…。笑
ご心配、ありがとうございました。
入院の基準って、本当に医者によって違うんですよね。
うちの院長は慎重だからなぁ…。
でも34週に入っていれば、自宅安静ですむかもしれません。
もしかしてrimiさんが通っているのは総合病院?
それだったら自宅安静も納得できるかも。
あい |  2007.10.30(火) 20:59 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

MAIL。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。