ドメインホスティングSEO対策ショッピングカート広告
ぽんちゃんといっしょ。 事故ってしまった…。
 2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

WELCOME。

PROFILE。

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

事故ってしまった…。

2007年07月11日(水)
タイトルどおり、事故ってしまいました…。
結論から言うと、私もぽんちゃんも元気です。

体調が良かったので、通っている病院主催の
母親学級に参加してきました。
(その話はまた後日。)

13:30に始まり、15:30ちょっと過ぎに終わったので
自分で車を運転して家へ帰っている最中でした。

私は優先道路で直進。
スピードもそんなに出していません。

すると、いきなり視界の左側に車が迫ってきて
「!?」
と思った瞬間にすっごい衝撃。
思わず叫んじゃったかも。覚えていないな。
そのまま反対車線に飛び出して、次に目に迫ってきたのが
前から走ってくる対向車。
ヤバイ、と思って急ブレーキ。
対向車はそのままよけて走り去って行ってくれました。

しばらく呆然とした後、
慌ててどこも打っていないか、痛いところがないか確認。
もちろん、最初に確認したのはお腹。
お腹は絶対に打っていない。それは大丈夫。
シートベルトがきちんと働いてくれたから
ぶつけたりもしていない。
でも、外見はそうでも、中のぽんちゃんがどうなっているかわからない…。
本当に怖いと、人間って震えるんですね。
身体がガクガクしてしまった。

顔を上げると、相手が走ってくるのが見える。
まだ若い男の子…学生さんかな。

ドアを開けると、その男の子が開口一番
「すいませんでした!大丈夫ですか!?」
あ、すいませんって言ったよね。
ほっとしました。
でも、大丈夫です、なんて絶対に言えない。
「…妊娠しているんです。警察呼びましょう」
男の子が凍りつくのが見えたけれど、警察に電話させて
私はその間にまぁちゃんに電話。
まぁちゃんの声を聞いた途端に涙が出てしまった。
今のところは怪我がないことを話して、保険のことを少し話して
いったん電話を切ると、お腹がぽこって動いて。
ぽんちゃん生きているなってわかったから安心。

ごめんね、びっくりしちゃったよね。
病院でちゃんと診てもらおうねって言いながら
お腹をさすっていたら丁度警察が来たので
免許証を提示して、改めて状況確認。
相手は…十字路の一時停止を無視(?)して右折しようと突っ込んできた状況。
明らかに先方の過失です。
そうこうしているうちに、救急車が来ました。
警察の方が、私が妊娠しているとの事で呼んでくれたの。
そして我が家の愛車は…

200707111605000.jpg


左側のバンパーが剥がれてしまって、タイヤはパンク状態。
とてもじゃないけれど動かせないので
(私は救急車に乗るし)レッカー移動を警察にお願いしました。

そして私は救急車初体験。付き添いで乗ったことはあるけれど。
救急隊員の方は、私が妊婦ということもあってか
すごくすごく優しくて、和ませてくれました。
救急車の中では血圧を計ったり、脈拍や体温を計ったり。
なんでも、救急隊員の若い方の奥さんの出産予定日が
私の3日前で、なおさら心配してくれました。

首にはムチウチになっているかも、とコルセットをつけられて
なんともトホホな状態で病院へ。
昨日も来ちゃったよー恥ずかしいよー。
病院の外まで看護婦さんが2人も出迎えてくれて
付き添われて中に入ると、待合室にいた人全員の注目を浴びてしまった…。
もう穴があったら入りたい…。
事前に救急隊員の方から病院には連絡が入っていたので
すぐに呼ばれ、診察を受けることができました。

今日も昨日と同じ、あの優しい先生だったんだけれど…。
一気に気が緩んだのか、今日は柔らかかったお腹が
急に張ってしまって、先生には
「こんなにお腹が張っているのに運転するから
 気になって運転に集中できないんだよ!
 妊婦は運転しちゃ駄目だよ!!」
ってすっごく怒られてしまった…。
なんだかすごく悲しい気分になってしまったんだけれど、
エコーで見たぽんちゃんはすごく元気。
心臓もたくさん動いていてくれている。
胎動は感じていたけれど、本当に安心して思わず泣いてしまった。
看護婦さんが
「昨日も来たのにねぇ…」
と言いながら、優しく拭いてくれました。
でも今日の先生、心配してくれたんだろうけれど
本当に怖くてなんだか事故+αで悲しくなってしまった。

診断の結果は異常なし。
救急隊員の方への書類も異常なしと書かれていたから
本当に大丈夫。

救急車は帰ってしまったので、今日はとりあえず帰っていいのかな?
と、とりあえず実家に電話して父親に迎えに来てもらうことに。
電話で簡単に事情を話して外に出ると、
事故の相手の男の子がいました。
なんでも自宅はこの辺なんだそうで…。
で、今から一緒に警察署へ行かなければいけないとのこと。
その子の車は動きはするんだけれど、変な音がするので
迎えに来てもらった私の父の車で行くことに。

ちょっと話していたら、やっぱりまだ学生さん。
パニック起こしているのがわかっていたので
(まぁ、事故相手が妊婦なんて焦るよね…)
なんだか可哀相になってしまい
「ちょっと落ち着きなよ?ね?」
と声をかけてしまった。

何度もすいませんと言っていたので、
とりあえず落ち着かせて、
父親の車で警察署へ。

なんでも、お父さんの車だそうで、新車だそうで…。
うちの車の中でたぶんお母さんに電話していたんだろうけれど
「今から被疑者の人と警察署に行くから…」
って、私は被疑者じゃないんですけれどーっ!?
その他、
「なんか、俺が悪いってことになっていて…」
とかなんとか。
イヤ、だってあなた、一時停止があったのに突っ込んできたでしょう…。

口ではすいませんと言われたけれど、なんだかなーと思っているうちに警察署へ到着。
事故を担当してくださる方に調書をとってもらって
今のところは私もぽんちゃんも怪我はないので
物損事故として処理。
減点もなし。
警察の方が、男の子に
「一時停止きちんとしなくちゃ駄目だよ」
と言ったら
「したんですよ!その後見づらかったから徐行ででたら当たったんです」
「イヤ、一時停止してもぶつかったら停止したことにならないから…」
「でも!」
…確かに、見づらいところであることはわかる。
私にも前方不注意の過失はある。
それは警察の方にも指摘されたし、納得も反省もしている。
しかしだね?その反論を警察で言ってどうする?
後はもう保険会社との間で、って言っているじゃない。
「…後はまぁ、保険会社を通して話しましょう、ね?」
私がしずーかに言ったら、警察の方が苦笑していましたよ…。
まぁ、変に事故慣れしているたちが悪い方よりは良かったけれど
なんだか疲れる…。

後はお互いの連絡先を聞いたりして、警察署で解散。
本当は送っていってあげても良かったんだけれど
私の父親が帰らせてしまった。
お、怒っていたんだね…。

私もやっぱりなんだか疲れてしまったので
保険会社やレッカー会社へ連絡した後、
とりあえず実家に行くことに。
母親の作ってくれた夕飯を食べていると、
携帯が鳴ったので出てみると、
相手のお父さんからでした。

もう、最初から低姿勢で、たくさん謝られてしまい、
「一度ご挨拶に…」
と言われたんだけれど、それはお気持ちだけで、と
丁寧にお断りしておきました。
来てもらっても困るし…。
お父さんとも、後は保険会社を通してってことで合意。

夕飯を食べた後、母親に送ってもらってやっと帰宅。
一気に疲れが出てしまった…。
へなへな~と座椅子に座り込んでしばらく動けなかった。
それでも、ぽんちゃんはぽこぽこぐにょーんって動いていてくれて
それに本当に慰められました。
ごめんね、ごめんね、怖かったよね。
ママがドキドキしちゃったもんね、ぽんちゃんにも伝わったよね。

保険や修理の手続きは、もう明日。
まぁちゃんが帰ってから。
(とか言っていたら、明け方の5:30に帰って来た…仕事で)

それにしても本当に本当に怖かった。
どんなに自分が悪くなくても、事故っておこるんだな。
免許とって10年以上、無事故無違反だったのに…。
何で妊娠しているというこの状況で…。
もし、あの時対向車がもっとスピードを出していたら
もしかしたら私もぽんちゃんもこの世にいなかったかもしれない。
そう思ったら本当にぞっとした。

運転している妊婦さんにとっては怖いレポートでごめんなさい!
でも、本当に、慎重に慎重を重ねて運転してくださいね。
私は今回のことで「自分一人の身体じゃない」
って事を本当に痛感しました。
警察でも、「妊婦さんにはあんまり運転して欲しくない」
と言われてしまった。
注意力が散漫になることが多いからって言われたけれど。
(あと、後々お腹の子に障害が出たりとか…ね)
そうは言っても、そうすると移動手段がなくなっちゃうんだけれど…。
実際、私も来週の母親学級どうしよう?というカンジ。
うちの方のタクシーは本当に運転が荒くて
できれば使いたくないんだけれど、そうも言っていられないし…。

そんな大騒ぎの一日でした。もうぐったり。
もうぽんちゃんが産まれるまで、私は怖くて運転できないかも。
産まれてからは…後で考えよう…。

 運転する妊婦さん、たくさんたくさん注意してください!
↓お気が向きましたらポチしてください。
スポンサーサイト
【EDIT】   23:47 |  about me  | CM(8) | Top↑

コメント

●大変でしたね><
aiさんも、ぽんちゃんも本当に無事で
良かったです。
読んでて、ドキドキしてなんか辛くなってきてしまいました。
私も、電車やバスの通らないところに住んでるので
いつも車を運転します。
昨日も、1号線のトラック多いところをずっと通って
友達の所まで遊びに行きました。
妊娠前より、運転するのが怖くなっていました。
ここで事故したら死ぬなぁ・・とか思いながら。
私も気をつけようと思います><
ひとみ |  2007.07.12(木) 18:43 | URL |  【編集】
無事でよかったです。
車は怖いですよね。
事故は歩いていたって遭ってしまう可能性はあるけど、車はスピードがあるし、今回みたく自分が気をつけていても巻込まれてしまいますもんね。
私はペーパーなので運転はできませんが、車ないと不便ですもんね。
本当に無事でよかったですhttp://blog87.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15">
私も早く胎動を体験したいですhttp://blog87.fc2.com/image/icon/e/257.gif" alt="" width="14" height="15">
動いていてくれれば安心ですもんね。
私はまだ姿も見てないから、本当にいるのかな?って不安になります。
だからぽんちゃんの胎動の話、楽しみですhttp://blog87.fc2.com/image/icon/e/343.gif" alt="" width="14" height="15">
ゆっくり休んでくださいねhttp://blog87.fc2.com/image/icon/e/420.gif" alt="" width="14" height="15">
ゆめこ |  2007.07.12(木) 20:27 | URL |  【編集】
会社で読んでビックリしたよー。
ドキドキして涙出てきちゃった。
aiさんもぽんちゃんも無事でよかった。
ほんとよかった(>_<)
アタシはペーパーだから、普段の足は
電車だったりバスだったり歩きだから
あまり苦にならないけど。。。
普段車使ってると、急に運転できなくなるのは不便ですね。
でも、ぽんちゃんのためにもここはいいほうに考えて、
よい運動になると思って、歩いたりバス使ったり
してみてはどうかな?

あと半年で会えるんだから!!
無理しないでね^^
ミホ |  2007.07.12(木) 22:56 | URL |  【編集】
題名でビックリし、事故内容で震え涙ぐみ、学生さんの言い訳にムッとし、
妊婦の運転に関しては考えさせられながら読みました。

その前に!!
aiちゃんとポンちゃんが無事だったことが何より~
。・゚・(*ノД`*)・゚・。
ビックリしたでしょうー本当に無事で良かったー

私は休日の移動手段は車。
運転することが好きだしね。
でも今はお腹が圧迫されるからシートベルトはゆるゆすな状態で
装着しているの。
そんなんで事故ったら・・・・
私もJr.も大変な事になるよね。
aiちゃんの記事、本当に考えさせられました。
これからは運転するときでも、いくら自分が悪くなくても
念には念をで必要以上に安全運転を心掛けます!!
なな |  2007.07.13(金) 13:23 | URL |  【編集】
●ムカっ!
なんだか読んでて
相手の学生さんにムカついてしょうがなかったー!
なんで自分が全部悪いのに
「俺が悪いことになってて・・・」だ?
私、その場で「はぁ??」とか言ってそう。
よく我慢したねぇ・・・
ってか、呆れちゃったよね。

時間がたつにつれて
無事で本当によかったねーって思うよ。
私も毎日のように車に乗ってるから
気をつけなきゃって思いました。
でも妊婦さんは体が重いから
車ってついつい便利で使っちゃうよね。
これから暑くなるし・・・

10:0で向こうの責任になりますように。。。
駄目でも9:1は譲れないねっ。怒
やなちゃん |  2007.07.13(金) 13:56 | URL |  【編集】
★ひとみさん
うわー、せっかく遊びに来てくださったのに
辛い思い(?)をさせてしまってすいません。
私も妊娠してからは、なるべく大通りは
避けて慎重に運転していたつもりなんですが…。
車ないと動けない所だと本当に困りますよね。
どうかお気をつけて運転してくださいー。

★ゆめこさん
ご心配ありがとう(>_<)
ほんと、何が起こるかわからないもんだなぁと感じました。
今回は本当に胎動に救われたかも。
事故直後に動いてくれなかったら冷静になれなかったかも。
ゆめこさんもあと2・3ヶ月したら胎動を感じるようになるよ♪
私も心拍確認まで不安、確認してからも胎動感じるまで不安、でした。
楽しみだねー♪

★ミホさん
会社でそんな思いをさせてしまってごめんね。
本当、何よりぽんが無事で良かった良かった…。
できれば歩いたりしたいんだけれど、
一応自宅安静の身だし、歩くと病院まで40分はかかるだろうし。笑
バスも通っていないのでどーすればいいのー!?
ってカンジです。
何より、家の車自体がないからちょっとした大物の買出しに悩む~…ゴメンヨ、旦那。

★ななちゃん
ななちゃんにも心配させちゃってごめんね。
本当ーにびっくりしたぁー。
なんだかんだで、世間は妊婦さんの運転に
否定的なんだなぁと実感させられたよ。
まぁ、今回は私が妊婦ということで優しくしてもらえた部分もあるんだけれど…。
でも、運転できないと困るんだよねー、実際。
かといってシートベルトでお腹キツキツにもできないし…。
ハンドルに手が届く限りは運転したいよね。
たくさん安全運転して、我が身とななちゃんJr.を守ってね!

★やなちゃん
あんまり世間を知らないからこそ出た発言だろうから
私はむしろ、ぷっと吹き出してしまいそうになったよ。笑
私も後になって、よく対向車よけてくれたなぁ…としみじみ思った。
事故直後は対向車のことなんてあまり気にしていなかったけれど
対向車の運転手さんもびびったろうなぁー。
一応、十字路での事故なので8.5:1.5くらいになりそう。
もう私は投げてしまってノータッチなのです…。
真っ先に夜のメールで心配かけちゃってごめんね。
ちょっと誰かに話さずにはいられなかったの。
もういっそ、車買い換えたいわー、なんてね…(ちょっと本音)。
a i |  2007.07.13(金) 23:29 | URL |  【編集】
ひぇー!びっくり@p@
ホントに無事でよかった~☆
でもでも 私いつも歩きv-106か自転車i-224な生活なんだけど いきなり後ろからぶつかってきたりv-31 子どもが飛び出してきたりv-29 老人が急にヨロめいたりv-117 相手の不注意での事故に関しては 車にのってようが歩いてようがやっぱり防げない・・・
aiさんがもしその時歩きだったら@w@!
う~ん、、、車だったからでの安全面もあるよねぇ

考えすぎるとだめだ・・・子どもが生まれたら外で遊ばせられないv-394
0子 |  2007.07.17(火) 10:21 | URL |  【編集】
★0子さん
ご心配かけちゃってごめんなさいー。
0子さん自転車気をつけてね!
本当、徒歩でも自転車でもバイクでも車でも…
ただ「そこにいる」だけで危険ってあるんだよね。
確かに私が歩きだったら確実にこの世にはないような
ぶつかり方をしちゃったし…。
車でまだ良かったのかも。
私たちの子供が育つ頃にはどんな世の中になっちゃうんだろう。
異常気象だし怖いよね(>_<)
a i |  2007.07.17(火) 13:23 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

MAIL。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。